メガネの汚れはどうやって落とせばいい?

日常生活を送る中で皮脂やほこり、花粉などの汚れがメガネに付着します。メガネのお手入れを怠ると汚れが取れなくなってレンズにシミが残ったり、レンズのコーティングがはがれてしまったりすることもあります。メガネの汚れを落としたい時の基本は水洗いです。乾いた状態で無理に汚れを取ろうとするとレンズに傷がつくこともあるため注意が必要です。またメガネは熱に弱いためお湯を使って洗うのはさけましょう。

メガネを水洗いして汚れを落としたらティッシュペーパーなどで優しく水気をふき取ります。レンズ部分だけでなく、レンズの溝やツルの部分など水気が残らない様にふき取るのがポイントです。最後にメガネふき用のクロスを使って仕上げを行います。その際、クロスが汚れていると洗ったメガネが汚れてしまうため、清潔なクロスを使う様に注意しましょう。

洗っただけでは落ちないメガネの汚れは?

水洗いをしてもメガネの汚れが落ちない場合は、専用のメガネクリーナーか中性洗剤を使ってお手入れを行いましょう。メガネクリーナーはシートタイプやスプレータイプ、汚れを落とすだけでなくくもり止め効果があるものなど、豊富に種類があるため自分に合ったものを選ぶことが出来ます。洗剤を使用する際はレンズのコーティングがはがれる原因につながるため、アルカリ性や酸性、研磨剤が含まれたせっけんなどを使用するのはさけましょう。

また、日常的に使用するメガネは汚れ以外でもお手入れが必要な場合があります。フレームが広がってゆるくなったり、耳に当たって痛みが出たりと、メガネのかけ心地などでも悩むことがありますよね。定期的なメンテナンスをメガネ専門店で行うことも、大事なメガネを長く使うポイントのひとつです。