視力低下や使用環境の変化で見えにくいと感じたら買い替え時期

多くのメガネに使用されているプラスチックレンズは、寿命がだいたい2年から3年だと言われます。しかし、買い替えをするのが3年に1回で良いとは限りません。メガネは視力を矯正するために使う医療器具ですので、メガネをかけた時に見えにくいと感じたら買い替える必要があります。視力が低下したり、メガネの使用環境が変化したりした時は、自分の眼に合ったメガネへ替え、眼精疲労や肩こりなどの体調不良を起こさないようにしましょう。急激に視力低下が起きた時などは、検眼のために眼科を受診すれば疾患の早期発見につながるメリットもあります。また、車両の運転時や読書をする時など、使用環境に合わせて自分が見たい位置や距離に適したメガネを注文するのが大切です。

汚れや劣化が見られた時は買い替えて

製品の劣化を放置してメガネを使い続けるのも、見えにくい、疲れるなどの症状を感じるケースがあります。特にプラスチックレンズは傷や汚れが付着しやすいです。汚れたレンズをそのまま使い続けると、光を乱反射させてしまいクリアな視界ではなくなってしまうでしょう。傷が付いたレンズは破損する可能性もあるため使用を続けないようにしてください。フレームや部品の歪みが原因で見えづらさを感じる場合も少なくはありません。レンズは一番見えやすい位置に合わせてフレームに取りつけられていますが、フレームに歪みがあればレンズの位置がずれてしまいますので、買い替えを考えるべきです。特にノンフレームのメガネなど、ワイヤーでレンズを支えているタイプは衝撃に弱く、レンズのずれが起きやすいので注意しましょう。