水洗いでメガネをきれいにする手順

メガネを普段から愛用していると、汚れが気になってしまうものですよね。そうした場合、水洗いをすればきれいになりますよ。やり方のコツは、洗面器の中に水を溜めてからメガネを入れて優しく汚れを落とすようにすすいでいきます。レンズやフレームなど特に汚れが目立つ部分は、指の腹で優しく洗うといいでしょう。その後、吸水性のあるタオルでメガネに付着した水分を優しく拭き取っていきます。特にレンズの溝の部分は拭き忘れが多いので、丁寧に水分を拭き取るようにしましょう。また、皮脂などの油汚れは水ではきれいに落とせないので、メガネクリーナーを利用すると良いです。メガネクリーナーを汚れが目立つ部分に吹きかけてから、指のはらで汚れを落としていきます。その後、水で十分にすすいでから、タオルで水分を拭きましょう。

水洗いでやってはいけないこと

メガネを水洗いする場合、レンズなどを傷つけないようにいくつか注意点があります。まず、お湯で絶対に洗わないことが大切です。水よりもお湯の方が汚れを落としやすいので、ついついお湯を使ってしまう人はたくさんいます。ただメガネのレンズには、撥水コートなど様々な種類のコーティングが施されています。コーティングは熱に非常に弱い性質があり、お湯で洗ったり、ストーブなどの暖房器具の近辺に置いたりすると剥がれてしまうのです。つまり、メガネとして活用できなくなるので注意が必要です。さらに、アルカリ性や酸性洗剤でメガネを洗うこともコーティングを傷つける原因になるので、必ず専用のクリーナーを使用するようにしましょう。

眼鏡を作って数年経過している人に多いのが、視力と合わなくなってしまうことです。合わないメガネは、視力を落としますので、買い替えが必要です。